玉ちゃんの文科系IT入門 > ITツール > ソフトウェア開発環境展に行く

ソフトウェア開発環境展に行く

5月9日から11日まで開催されている、『ソフトウェア開発環境展』に初日の9日行ってきた。

お台場の東京ビッグサイトは久しぶりである。

昨年、行った後輩の話では、今年の方が華やかだと言う。

昨年は、震災後の自粛ムードがあったのだろう。
コンパニオンのお姉ちゃんもいなかったらしい。

今年は派手なコスチュームのコンパニオンのお姉ちゃんが、いろんなノベルティを配って、名刺を欲しがっていた。

ソフトウェア開発環境展以外にも、クラウド、スマートフォン、モバイルデータセンタ、セキュリティなどいろんなテーマの展示会が併設開催されていた。

どちらかというと、ソフトウェア開発環境展の方は、人が少なく、主催者側の人が多い印象だった。

入り口の近くにアプレッソさんのブースがあり、いきなり長谷川社長がポロシャツ姿でご挨拶に来られて恐縮した。

アプレッソさんとYDCさん他の共催で、気になっていたDataspiderBPMのデモ事例紹介を見たりした。

アシストさんのブースでは新製品のRDBを見る。うまい、安い、早い。欠点が見つからないけど、まだこの三月に日本上陸したばかりだという。

スマートフォンのコーナーに行ってみると、iPadを使った企業内利用のソリューションがいろいろ。


その中で紹介があったのだが、まったくタブレットと関係ないものを無理やり紹介していたが、気になって見てみた。

EXCELの集計ソリューション。

これがなかなか素晴らしい。

もともとERP導入前、当社に開発で入っていた会社だった。

これは一度、詳しい話を聞こう。


午後は、Webマーケティングのコーナーへ。

ソフト開発やスマホと較べると、小粒なベンチャー企業が多いが、facebook連携や、スマートフォンのためのSEOとか、興味深いものがあった。

ITの世界はどんどん進化している。

興奮した私は、自宅に帰ると、早速、家電量販店へ。

気になっていたハードを購入。

この話は後日。