玉ちゃんの文科系IT入門 > 玉ちゃんのエッセイ > シンガポールへGO!(2)

シンガポールへGO!(2)

翌日からのシンガポール市内観光は、何と言っても、マーライオンである。

小便小僧、人魚姫と並び、『世界三大がっかり』の一つ、マーライオン。

娘は、「どれだけがっかりさせてくれるか、楽しみ」だと期待していた。

小マーライオンは期待通り、池に水も張ってなくて、がっかり度が跳ね上がった。

大マーライオンの噴水の吹き出し口が、見えているのが、なんともいいなあ。


市内観光については、娘が格安のパックを見つけてきた。

ネットで探しても日本語のサイトはないツアーだ。


3日間使えて、6つのアトラクションが自由に選べる。
下記の6つを選んでネットで日本で購入。現地で引き換える。


1.ユニバーサルスタジオ・シンガポール(ホテルから送迎付き・セントーサ島入場料込)

2.シンガポール・フライヤー(大観覧車)

3.ナイト・サファリ

4.水陸両用車での市内観光

5.二階建て展望バスの一日乗り放題

6.ナイトツアーと市内観光

これだけ付いて、12000円ほど。

日本のオプショナルツアーなら、ユニバーサルスタジオだけでこの値段である。

本当なのか? 不安だったが、シンガポールフライヤーの下にあるツーリストオフィスに行けばいいらしい。

マーライオンを見た足で、シンガポールフライヤーの下に行く。

もちろん、英語だが、ツアー担当の人が丁寧に説明してくれた。

昼食は、フライヤー下のフードコートで。

以外にリーズナブル。
lunch_flyer.jpg

ピーナッツソースのかかったビーフンとお好みで採り、二度揚げしてくれるサテーを何本か注文した。
どちらも本当においしいなあ。


とりあえず、今日の初日に、ダックと呼ばれる水陸両用車(ベトナム戦争時に使われていたものらしい)に乗り込んで、陸地を走り、海にダイビング。

duck1.jpg


duck2.jpg

マーライオンが見えた湾に入り、正面からマーライオンが見えた。

夜、ナイトサファリに行くことにして、午後からは、アラブストリートとインディアンストリートを散策。

怪しげな街だが、あくまで管理都市、シンガポールでの怪しさだから許容範囲である。治安は悪くない。

去年、クアラルンプールでスラム街に迷い込んだことを思えば、健全な街である。


土産物は、3個で10S$均一。

マーライオン公園で買ったお土産に後悔した。

単品で15S$したのに……5分の一である。

夜、ナイトサファリにタクシーで行く。

25S$ほどだが、シャトルバスよりタクシーのほうが確実だ。

パスを入場券に交換してもらう。

日本語のトラム(サファリを観覧する車)は割増らしい。

こんなところまで来て、日本人だけ特別なサービスはやめてほしい。
個々の動物ゾーンにもJTBなどがスポンサーで金を出している。

こんなことやるから、日本人は顰蹙を買う。


開園までの時間、夕食を採ったが、高い!

シンガポール名物、チキンライスのセットが17S$。

ナイトサファリは暗くて写真は撮れなかったが、日本のものと違い、トラムは開放的で、ガラスもない。

アトラクションのファイヤーショーも迫力があった。

duck1.jpg