玉ちゃんの文科系IT入門 > 玉ちゃんのエッセイ > シンガポールへGO!(4)

シンガポールへGO!(4)

翌日、最終日。

朝、荷物をまとめてチェックアウト。

飛行機は深夜1時50分なので、今日も目いっぱい遊びまくるぞ。


9時前にユニバーサルスタジオへの迎えのバスが来た。

バスに乗り、そのままユニバへ、と思いきや、一旦、シンガポールフライヤーのツアーデスクへ。

10時開園なので、早くしてほしいんだが、他のツアー客を集めてから出発するらしい。

娘がいらついて、自分たちで行こうか、と言い出したが、9時30分過ぎにバスが出た。

10時10分過ぎにユニバーサルスタジオに到着。

ユニバのあるセントーサ島に入るのには、5S$の入場料がかかるのだが、これもいらなかったし、まあ、いいか。

ユニバでは片っ端からアトラクションに乗る。

スピルバーグの映画セットのアトラクションも、おもしろかった。

古代エジプトゾーンにあるアトラクションに並んでいたら、洞窟内を走るジェットコースターらしい。

心臓の弱い方はご遠慮を、とか書いてある。

私はこの乗り物が苦手だ。だが、ビッグサンダーマウンテン程度だろうと高をくくっていた。

乗ってみると、いきなり、コースターが後ろに走り出した。

その後は、目を閉じて、絶叫を続けるしかなかった。

ものすごい勢いで回転し、そのまま死ぬかと思った。


シュレックの4D(おそらく3Dプラス自分の座席も動くので4D)は意外とすごかった。
これはお奨めである。


ストリートダンスや、ハリウッドのショーも面白かった。


最後に、日本のユニバにはない、トランスフォーマー・ザ・ライドに乗る。

これでもかと3Dを効かせ、ライドが回る、下がる、落下する。

最高に面白かった。


18時ごろ、ユニバを出て、セントーサ島を散策。


モノレールが4つの駅を4分間隔で循環しているが、これは無料で乗れる。

マーライオンタワーに行く。


こちらのマーライオンはがっかり度を打ち消すために豪壮なライオンである。しかし、やはり少し間抜けなほうがいいなあ。

楽しかった旅行ももう最後である。

モノレールからMRTを乗り継いで、最後にもう一度、マーライオン公園に行く。


丁度、20時のイルミネーションのショーが始まった。

幻想的なショーとライトアップされたマーライオン。

シンガポールはまったく人工的な未来都市であった。

東京だって、もっと頑張ればいい。お台場をこんな風に作り変えて、オリンピックを迎えてほしいな。


夜、10時過ぎにチャンギ空港へ。

1時50分まで、免税店などを見て過ごす。

飛行機では、ブランデーをお代わりした。

朝、出てきた日本食。

やはり、味噌汁が出るとほっとする。


来年は、シンガポールに新婚旅行に来てから、30周年。

今度は、妻と一緒に旧婚旅行に来よう。

さようなら、シンガポール!